jetstarの路線紹介

gazou-29

jetstarの手荷物について詳しくご説明をする前に、jetstarが就航している路線について詳しくご紹介したいと思います。jetstarはLCCでありながら就航している空港も多く、しかも日本からも多くの国際線が出ています。jetstarの就航路線を知ることで、より便利にjetstarを利用することができることは間違いありません。jetstarの就航路線を知って、賢く、リーズナブルな旅を実現してください。

jetstarは国内線が豊富

jetstarジャパンはカンタス航空が主体となり、日本航空などが出資する形で立ちあがった格安航空会社(LCC)です。成田空港を中心として、国内路線も多いのが特徴です。
各路線は以下のとおりです。
・成田空港:札幌、大阪(関西)、高松、松山、福岡、大分、熊本、鹿児島、沖縄
・中部空港(名古屋):札幌、福岡、鹿児島、沖縄
・関西空港(大阪):札幌、福岡、沖縄

jetstarの国際線の紹介

jetstarはjetstarジャパンが運航する国際路線とjetstarグループが運航する国際路線があり、合わせると日本発着のLCCとしては直行便で行ける国際空港が1番多いともいえますね
各路線は以下のとおりです。(2016年10月現在)
成田空港:香港、台北(桃園)、マニラ、ケアンズ、ゴールドコースト、メルボルン
関西空港(大阪):香港、台北(桃園)、マニラ、ケアンズ
中部空港(名古屋):台北(桃園)、マニラ
福岡空港:バンコク

jetstarを乗り継ぐとどこまで行けるか

jetstarは直行便だけなく、jetstarグループの路線を使えば世界の各地に行く事も可能です。特にオーストラリアについては、シドニーやケアンズを経由することでオーストラリアに国内のほとんどの空港を網羅していると言っていいでしょう。オーストラリアの隣のニュージーランドにも行く事もできます。
また、成田発の香港経由でハノイに行くこともできますし、台北経由でシンガポールにも行く事ができるのです。
もちろんLCCなので、時間の制約や便数の少なさは否めませんが、他の航空会社に比べて安く行けるので文句は言えません。

jetstarの就航路線の紹介はいかがでしたでしょうか。日本発の国際線の多さは目を見張る物があります。就航路線を覚えておくことで、キャンペーン時もすぐに予約することができるので、ぜひ参考にしてください。
今回は、jetstarグループのみで行ける場所をご紹介しましたが、台北や香港など世界のハブ空港に就航しているので、それらの空港を経由して他の航空会社の路線を利用すればもっと遠くまで行く事が可能となります。
最近では、世界のLCCを利用して世界1周をしている人もいます。skyticketでjetstarを予約し、利用することで、安い値段で世界1周できる日も遠くないと思います。

LINK※skyticketでjetstarを予約

jetstarの受託手荷物について

飛行機に乗る際の手荷物には、受託手荷物と機内持込手荷があります。それぞれどこの航空会社でも気をつけなければいけない事項はありますが、jetstarはLCCなので通常の航空会社と比べると手荷物に関する制限が多くあります。そこでここではjetstarの受託手荷物について注意事項などをまとめてみました。
チェックインカウンターで余計な手数料を払い事がないように、参考にしてください。

jetstarの国内線受託手荷物について

jetstarの国内線の受託荷物は予約した運賃typeによって有料または無料で預けれます。Starter(エコノミークラス)で予約した場合、受託荷物はすべて有料です。航空券の予約時に「ちゃっかりPlus」または「しっかりMax」を追加した場合には、JALマイルなどの加算、座席指定などに加えて受託荷物サービズがついてきます。
「ちゃっかりPlus」または「しっかりPlus」をつけなかった場合には、受託荷物重さによってオプションを追加します。手数料は15キロ以上5キロ単位で料金が変わり、最大40キロまで荷物を預けることが可能です。また、受託手荷物は搭乗者ごとに設定しなければなりません。
例えば、成田→札幌の場合、予約時に受託荷物15キロのオプションをつけると、手数料は1550円です。当日チェックインカウンターでも受託荷物預けを追加することもできますが、受託荷物15キロで手数料が2600円となり、予約時の手数料よりも遥かに高くなります。あらかじめ受託手荷物がある場合には、予約時にオプションをつけるといいでしょう。

jetstarの国際線受託手荷物について

jetstarの国際線受託荷物の場合にも購入する座席の種類によって有料または無料で預けることができます。jetstarジャパンの路線の場合には国内線同様にStarter(エコノミークラス)の座席種類しかありませんので、受託荷物に関してはすべて有料となります。
国内線と同様に航空券の予約時に「ちゃっかりPlus」または「しっかりMax」を追加した場合には、マイルなどの加算、座席指定などに加えて受託荷物サービズがついてきます。それらを選択しなかった場合には、オプションで受託荷物の重さごとに手数料を払うことになります。手数料は15キロ以上5キロ単位で40キロまで設定することができます。
例えば、成田→台北(桃園)の場合、予約時に受託荷物15キロのオプションをつけると、手数料は2300円となります。当日、チェックインカウンターで受託荷物を追加する事もできますが、その場合の手数料は4000円となります。国際線の場合には、帰りに荷物などが増える場合がありますので、あらかじめ予約時にオプションをつけておくことをオススメします。

jetstarの受託手荷物は国内線・国際線ともにエコノミークラスを選択の場合には、受託荷物がついていません。よって、あらかじめ予約する際に受託荷物がある・ないを決めておいた方がいいでしょう。迷っている場合には、最低限の15キロを事前につけておいた方がいいかもしれません。
せっかく航空券を安く買ったのだから、当日チェックインカウンターで受託荷物手数料を払うことがないようにしたいものです。

jetstarの機内持込手荷物について

LCCは航空券の値段は安いですが、色々と手荷物について制限があることを知っていますか。機内に持ち込もうと思っていたカバンがサイズオーバーの場合、受託荷物として預けなければいけません。またjetstarだけでなく、すべての航空会社が共通して機内に持ち込みを禁止している品目もあり、それらを持っている場合も捨てるか、受託荷物として預けるかの選択肢となります。受託荷物として預ける場合、jetstarでは追加で料金が発生してしまいます。そこで、機内持込荷物についてしっかり知ることで、余計な料金を発生させないようにしなければなりません。

jetstarの機内持込手荷物 重量・個数

航空券の種類によって機内持込手荷物の重量が変わってきます。
エコノミークラスの場合には重量は7キロまで、大きい荷物などの手荷物1個とハンドバック1個の合計2個までが機内に持ち込めます。一方、ビジネスクラスの重量は14キロまで、キャリーケースなどの手荷物が2個、ハンドバックなどは1個の合計3個まで機内に持ち込めます。ただし、手荷物1つの重さが7キロを超えてはいけません。
jetstarの日本国内線の場合、航空券の種類がエコノミークラスのみになりますので手荷物は2個までと覚えておかなければなりません。

jetstarの機内持込手荷物 サイズ

機内持込手荷物のサイズ制限はエコノミークラスやビジネスクラスに係わらず同じです。
キャリーケースなどは高さ56センチ、横36センチ、幅23センチまでの大きさです。ハンドルやポケット、キャスターまでサイズに含まれますので、手荷物のサイズを測る場合には、それらも含めて測る必要があります。また、スーツカバーは例外的に高さ114センチ、横60センチ、幅11センチまで認められています。
ただし、スーツカバー1個も手荷物1個とカウントされてしまうので、特にエコノミークラスの場合は注意しなければなりません。

機内手荷物が禁止されている品目

jetstarに限らず、すべての航空会社で機内持ち込みを禁止している品目があります。
高圧ガスや火薬類、殺虫剤などの持込みを禁止しており、更にはマッチ・ライターなど個数も制限されています。国際線の場合には液体の持込みにも制限を設けていますので、必ず飛行機に乗る前には航空会社HPまたは空港HPなどで機内持込禁止品目を確認しましょう。
禁止品目があることを手荷物検査場で見つかった場合には、没収となってしまいますので、十分注意してください。

jetstarの機内手荷物の制限を超えないように注してください。万が一、規程を超えそうな場合には、checkインの受付で受託荷物として預けましょう。保安検査通過後に荷物のサイズや個数が超過している場合には、手数料が更に高くなりますので不安な場合には、必ず保安検査場を通過する前にチェックするように心がけましょう。

航空会社別受託手荷物の比較

jetstarの受託手荷物手数料はご紹介しましたが、他の航空会社では手数料などどうなっているのでしょうか。他の航空会社の受託手荷物についても調べてみました。
航空券を購入する際は、航空券の金額だけなく受託荷物手数料なども考慮してみてください。

バニラエアの受託手荷物

jetstarと同じく台湾などにも就航しているLCCのバニラ航空の受託手荷物について見てみましょう。
バニラエアの場合、航空券の種類によって違います。
コミコミバニラの場合は、国内・国際線問わず20キロまでが無料です。シンプル・わくわくバニラの場合いは、エリアごとに違っていて料金は20キロまで2000円~6000円です。
また21キロを超える場合、コミコミバニラもシンプル・わくわくバニラも手数料は共通で、エリアごとに5キロ単位で1000円~2000円となっています。
受託荷物として預けられる重さは最大で1名につき100キロまでとなっています。
また縦・横・幅の合計が203センチ、かつ1辺が120センチを超える物は定型外サイズとなり、図雨量に加え、個数分の手数料がかかります。

JALの受託手荷物

LCCではない航空会社の受託手荷物はどうなのでしょうか。
【国内線】:20キロまで無料で預けられる。個数に制限はない。また、ファーストクラスの方は1個当たり32キロ、合計45キロまで無料で預けられる。
サイズの制限は50センチ×60センチ×120センチ以内の物であるが、スキー板やサーフボードなどはこれを超えても預ける事ができる。ただし、航空機の大きさによって、サイズ制限があるので自分が乗る予定の航空機を確認する必要がある。
【国際線】:2個まで無料で預けることが可能。ファーストクラスやビジネスクラスの場合には3個まで無料。重さについてはJAL会員のステイタスなどによって違いがあるが、一般の場合、エコノミーは1個あたりの23キロまで、ファーストクラスやビジネスクラスは1個当たり32キロまでとなっている。
またサイズについては縦+横+幅の合計が203センチ以内となっている。
国際線の場合には、サーフボードなどは無料重量に関係なく手数料が発生します。渡航先ごとに料金が違います。

受託手荷物に関しては航空会社ごとに基準が様々です。基本的には普通の航空会社はエコノミーの場合、20キロ前後の受託手荷物が無料となっています。そしてLCCの場合は、手数料を払うことになります。jetstarを含め、LCCを利用する際は航空券を予約する際に受託手荷物のオプションを付けると、当日チェックインカウンターで追加するよりも安く済みますので、ご自身の荷物がどのくらいあるのか把握してから予約した方がいいと思います。

航空会社別持込手荷物の比較

持込手荷物についても各社で違いがあります。特にjetstarを含むLCCの場合には、各航空会社で持込手荷物の大きさ・重さ等に大きな違いがあります。
持込手荷物の範囲を超える場合には、受託手荷物になり、超過手数料を払うことになりますので、事前に持込手荷物について知っておく必要があるでしょう。

バニラエアの持込手荷物

jetstarと同じく日本国内に多く就航しているバニラエアの受託手荷物について見てみましょう。
持込手荷物は航空券御種類に関係なく同じです。国内・国際線問わず大きさは、高さ56センチ・幅36センチ、奥行23センチ以内のカバンとハンドバックなどの2個までです。大きさは、ハンドル・車輪・鍵部分まで含めて計測されます。また1辺でもサイズを超えた場合には持込できません。
重さは2個の合計が10キロまでとなっています。
空港係員が機内持込みの手荷物について厳しくチェックします。そこで、規定を超過している場合には、受託手荷物として手数料を払ってカウンターに預けます。また手数料を払うことに同意しない場合には、搭乗を断られる場合もあります。

JALの持込手荷物

LCCではない航空会社の持込手荷物はどういう規定なのでしょうか。JALの場合、国内線と国際線で多少違いますので分けて説明します。

【国内線】:ハンドバックなどの身の回り品に加えて、航空機の大きさによって大きさが違うカバン等、2個まで持込むことができます。
100席以内の航空機の場合は、高さ35センチ・幅45センチ・奥行20センチ以内の大きさです。100席以上の航空機の場合は、高さ40センチ・幅55センチ・奥行25センチ以内の大きさです。
こちらもハンドルや車輪なども大きさに含めます。
また、重さの制限は2個で10キロまでとなっています。

【国際線】:ハンドバックなどの身の回り品に加えて、高さ40センチ×幅55センチ×奥行25センチ以内のカバン等が持込み可能です。重さは2個で10キロ以内となっています。

国内線・国際線いずれも規定のサイズを超える手荷物は受託手荷物として預けることになります。
JALなどの航空会社はよほど航空機が小さい場合を除いて、1つ1つ係員が計測することはほとんどありません。係員が見て、明らかに大きいと判断される物のみ計測されます。

LCCの場合、ほとんどの会社で係員がチェックインする際などに計測する場合がほとんどです。どんな理由があっても、規定を超える物に関しては手数料が発生しますので、注意しましょう。LCCは持込手荷物に対して厳しくしていますが、JALなどの航空会社はそこまでうるさくすることはありません。しかし、常識の範囲のなかで収めましょう。