jetstarの路線紹介

gazou-29

jetstarの手荷物について詳しくご説明をする前に、jetstarが就航している路線について詳しくご紹介したいと思います。jetstarはLCCでありながら就航している空港も多く、しかも日本からも多くの国際線が出ています。jetstarの就航路線を知ることで、より便利にjetstarを利用することができることは間違いありません。jetstarの就航路線を知って、賢く、リーズナブルな旅を実現してください。

jetstarは国内線が豊富

jetstarジャパンはカンタス航空が主体となり、日本航空などが出資する形で立ちあがった格安航空会社(LCC)です。成田空港を中心として、国内路線も多いのが特徴です。
各路線は以下のとおりです。
・成田空港:札幌、大阪(関西)、高松、松山、福岡、大分、熊本、鹿児島、沖縄
・中部空港(名古屋):札幌、福岡、鹿児島、沖縄
・関西空港(大阪):札幌、福岡、沖縄

jetstarの国際線の紹介

jetstarはjetstarジャパンが運航する国際路線とjetstarグループが運航する国際路線があり、合わせると日本発着のLCCとしては直行便で行ける国際空港が1番多いともいえますね
各路線は以下のとおりです。(2016年10月現在)
成田空港:香港、台北(桃園)、マニラ、ケアンズ、ゴールドコースト、メルボルン
関西空港(大阪):香港、台北(桃園)、マニラ、ケアンズ
中部空港(名古屋):台北(桃園)、マニラ
福岡空港:バンコク

jetstarを乗り継ぐとどこまで行けるか

jetstarは直行便だけなく、jetstarグループの路線を使えば世界の各地に行く事も可能です。特にオーストラリアについては、シドニーやケアンズを経由することでオーストラリアに国内のほとんどの空港を網羅していると言っていいでしょう。オーストラリアの隣のニュージーランドにも行く事もできます。
また、成田発の香港経由でハノイに行くこともできますし、台北経由でシンガポールにも行く事ができるのです。
もちろんLCCなので、時間の制約や便数の少なさは否めませんが、他の航空会社に比べて安く行けるので文句は言えません。

jetstarの就航路線の紹介はいかがでしたでしょうか。日本発の国際線の多さは目を見張る物があります。就航路線を覚えておくことで、キャンペーン時もすぐに予約することができるので、ぜひ参考にしてください。
今回は、jetstarグループのみで行ける場所をご紹介しましたが、台北や香港など世界のハブ空港に就航しているので、それらの空港を経由して他の航空会社の路線を利用すればもっと遠くまで行く事が可能となります。
最近では、世界のLCCを利用して世界1周をしている人もいますjetstarを予約し、利用することで、安い値段で世界1周できる日も遠くないと思います。